• English
  • Español
  • 日本語
  • 中文(简体)
  • 中文(繁體)
  • ドイツ(EUR €)
  • 中国香港特別行政区(USD $)
  • 台湾(USD $)
  • ポルトガル(EUR €)
  • デンマーク(DKK kr)
  • リトアニア(EUR €)
  • ルクセンブルク(EUR €)
  • ラトビア(EUR €)
  • クロアチア(HRK Kn)
  • ウクライナ(UAH ₴)
  • ハンガリー(HUF Ft)
  • モナコ(EUR €)
  • モルドバ(MDL L)
  • モンテネグロ(EUR €)
  • アイルランド(EUR €)
  • 北マケドニア(MKD ден)
  • アメリカ合衆国(USD $)
  • エストニア(EUR €)
  • 中国マカオ特別行政区(USD $)
  • アンドラ(EUR €)
  • マン島(GBP £)
  • マルタ(EUR €)
  • アイスランド(ISK Kr)
  • イタリア(EUR €)
  • バチカン市国(EUR €)
  • アルバニア(ALL L)
  • スペイン(EUR €)
  • オーストリア(EUR €)
  • オーストラリア(USD $)
  • オーランド諸島(EUR €)
  • ジャージー(GBP £)
  • ルーマニア(RON L)
  • オランダ(EUR €)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ(BAM КМ)
  • ノルウェー(USD $)
  • セルビア(RSD din)
  • フィンランド(EUR €)
  • ロシア(USD $)
  • ベルギー(EUR €)
  • ブルガリア(BGN лв)
  • 日本(USD $)
  • フェロー諸島(DKK kr)
  • フランス(EUR €)
  • スウェーデン(SEK kr)
  • シンガポール(USD $)
  • スロベニア(EUR €)
  • ベラルーシ(USD $)
  • スヴァールバル諸島・ヤンマイエン島(USD $)
  • スロバキア(EUR €)
  • サンマリノ(EUR €)
  • イギリス(GBP £)
  • カナダ(USD $)
  • ガーンジー(GBP £)
  • ジブラルタル(GBP £)
  • スイス(CHF ₣)
  • ギリシャ(EUR €)
  • 中国(USD $)
  • キプロス(EUR €)
  • チェキア(CZK Kč)
  • ポーランド(PLN zł)
  • リヒテンシュタイン(CHF ₣)

関連する通貨が見つかりませんでした

閉じる

/ /

物理 SIM VS eSIM: 究極の比較!

Aug 29,2023 | Tim

 

img

モバイル テクノロジーの世界では、SIM カードはデバイスをセルラー ネットワークに接続する際に重要な役割を果たします。テクノロジーの進歩により、従来の物理 SIM カードに加えて eSIM (埋め込み SIM) も利用できるようになりました。どちらも人間社会において重要な役割を果たしており、私たちの生活を変えます。

そこで今日は、eSIM と物理 SIM の違いを詳しく掘り下げ、その動作メカニズムを理解し、その機能を探り、物理 SIM から eSIM への進化の旅について議論します。さらに、eSIM技術を巡る今後の動向にも触れていきます。

物理SIMとESIMとは何ですか?

物理 SIM カードは取り外し可能な小さなチップであり、ネットワーク接続を確立するにはデバイスの SIM カード スロットに挿入する必要があります。これは、デバイスの SIM カード スロットに挿入する小さなチップです。これには、電話番号や通信事業者の詳細などの加入者情報が含まれており、デバイスと携帯電話ネットワークの間に物理的な接続を確立します。

一方、 eSIM(内蔵SIM) は、デバイスのハードウェアにすでに組み込まれている仮想 SIM カードです。物理 SIM とは異なり、eSIM は削除できません。代わりに、ソフトウェア インターフェイスを使用して、異なるキャリア プロファイルをアクティブ化、非アクティブ化、または切り替えることができます。

物理SIMとESIMの動作原理

例えば

eSIM の動作原理に関しては、QR コードをスキャンするか、選択した通信事業者からアクティベーション コードを提供して eSIM をアクティベートすると発生します。このコードには、eSIM を通信事業者のネットワークに接続するために必要なネットワーク プロビジョニング情報が含まれています。

(物理)SIM

物理 SIM カードを SIM カード スロットに挿入すると、デバイスと携帯電話ネットワークの間に物理接続が構築されます。 SIM カードには、次のような情報が保存されます。 国際モバイル加入者 ID (IMSI) 、ネットワーク上のデバイスを認証するために必要です。

物理SIMからESIMへの進化

Free photo スマートフォンを備えた 3 枚の SIM カードの上面図

top view of three sim cards with smartphone

初期の SIM カードはクレジット カードとほぼ同じサイズで、大型の通信デバイスに使用されていました。その後の進化により、SIMカードは依然として大きいですが、これは 初代標準SIM(1FF) で定義されています 1994、そして第二世代 ミニSIM(2FF) で出てきた 1996.

その後、 マイクロSIM(3FF)2003 and ナノSIM(4FF) に市場に参入した 2012。の適用により、 モノのインターネット(IoT)内蔵SIM(eSIM)カード で使用されました 2016.

現在、SIM テクノロジーは革新と向上を続けています。スマートデバイスやアプリケーション連携の技術は堅実な傾向にあるため、 iSIM(2018年ARM社初期発行) スマートウェアラブルデバイスで徐々に使用されています。

物理 SIM カードの機能

  • 取り外し可能で、デバイス間で交換可能。

  • デバイスに SIM カード スロットが必要です。

  • 単一キャリアプロファイルのストレージ容量には制限があります。

  • キャリアや機種変更の際も簡単に交換できます。

ESIMカードの特徴

  • 一体型で取り外し不可能で、デバイスのハードウェアに直接埋め込まれています。

  • プログラム可能で、複数のキャリアプロファイルを同時に保存できます。

  • 物理的な SIM カード スロットがないため、より柔軟なデバイス設計が可能になります。

  • 通常、盗まれることがないため、従来のチップよりも安全です。

  • 物理カードを必要とせずに、リモートでのアクティベーションと通信事業者の切り替えが可能です。

  • 電子廃棄物を削減し環境に優しい。

物理 SIM と比較した ESIM の利点

物理 SIM カードと比較した eSIM の利点のリストは次のとおりです。

  • 利便性

eSIM を使用すると、デバイスや通信事業者を切り替えるときに SIM カードを物理的に挿入したり取り外したりする必要がありません。アカウント情報は、ある eSIM 対応携帯電話から別の携帯電話にデジタル的に転送できるため、プロセスが迅速かつ手間がかかりません。

  • 複数のキャリアのサポート

デバイスをサポートする一部の eSIM は、複数のキャリア プロファイルを同時に保存できます。これにより、SIM カードを物理的に変更せずに異なる通信会社間で切り替えることができるため、さまざまなデータ プラン オプションを簡単に利用できるようになります。

クリック* [ *ここ*** ](https://bytesim.com/pages/esim-compatible-devices) デバイスに追加できる eSIM の数を確認するには

  • リモートプロビジョニング

eSIM のアクティベーションは、通常、QR コードをスキャンするか、通信事業者が提供するアクティベーション コードを使用して、リモートで行うことができます。これにより、物理的な SIM カードを配布する必要がなくなり、eSIM を即座にアクティベートできるようになります。

  • 旅行のための柔軟性

ESIM は、自宅の通信事業者プロファイルを維持しながら、地元の通信事業者プロファイルを簡単に追加できるため、旅行者にとって特に有益です。これにより、ローカルの物理 SIM カードを取得する必要がなくなり、どこにいてもシームレスな接続が可能になります。

クリック* [ *ここ*** ](https://bytesim.com/collections/local-esim) 旅行に合わせて費用対効果の高い eSIM データ プランを選択するには

  • デバイスの設計と互換性

ESIM により物理 SIM カード スロットが不要になるため、デバイス内でより多くのスペースと設計の柔軟性が可能になります。これにより、より洗練されたデザイン、より薄いデバイス、そして潜在的に追加機能のためのより多くの余地が得られる可能性があります。

  • セキュリティの強化

ESIM は、ユーザー データを保護し、不正アクセスを防止するために、組み込みの暗号化プロトコルや認証プロトコルなど、強化されたセキュリティ対策を提供します。

注意することが重要です これらの利点の利用可能性と範囲は、特定のデバイス、通信事業者のサポート、および地域によって異なる場合があります。

今後のESIMの動向

暗い背景のCPUとメタバースコンセプトの3Dレンダリングに写真創造的な輝く多角形チップ回路ホログラム

Photo creative glowing polygonal chip circuit hologram on dark background cpu and metaverse concept 3d rendering

ESIM技術は近年勢いを増しており、スマートフォン、ウェアラブル、IoTデバイスなどさまざまな業界での採用が増えています。接続されたデバイスへの傾向とシームレスなネットワーク統合の必要性により、eSIM は魅力的な選択肢となっています。ネットワークが eSIM 機能をサポートし続けるにつれて、業界全体で eSIM がさらに進歩し、広く採用されることが期待されます。

 

ご予定がある場合は、 世界中を旅する 便利で互換性のある eSIM データ プランなら、ようこそ バイトSIM eSIMに関するご質問はお気軽にお問い合わせください( よくある質問 )。 7/24はお手伝いいたします!

img

コメント

名前
メール
コメント